心なしか肌のトーンが明るくなっているのを感じるヨーグルトパック

しばらく前に話題になったヨーグルトパックというものをご存知でしょうか?

 

 

砂糖の入っていないプレーンヨーグルトを顔に塗るだけ、という簡単なパックです。ヨーグルトには美白効果が含まれており、また保湿効果、ニキビ対策、ピーリング効果、くすみや毛穴の黒ずみ除去など、様々なメリットがあります。しかし、長時間ヨーグルトを顔に乗せ続けると、ヨーグルトの脂質が蓄積してしまい顔のテカりが発生してしまうことも。

 

 

10〜15分を目安に、そして毎日パックするのではなく、週に2回ほどを目安にしてみると良いでしょう。わたしもこのパックが気になっていたので、先日試してみました。ヨーグルトをそのまま顔に乗せても良いのですが、それだけだと緩くてこぼれてしまいます。そのため、ヨーグルトと同じ分量の小麦粉を混ぜると固いテクスチャーになるので、液だれする心配もありません。

 

 

わたしはそれぞれ大さじ1ずつのヨーグルトと小麦粉を使いました。これを顔にまんべんなく塗ります。10分ほどするとだんだん固まってきますが、もうしばらく待ちましょう。そして、顔にヨーグルトを乗せている間は、かなりヨーグルトの臭いがします。そのため、この臭いが苦手な人はヨーグルトパックは避けた方が良いかもしれません。15分ほどするとだいぶ乾燥してくるので、ぬるま湯で洗い流します。

 

 

固まったヨーグルトはなかなか落としづらいので、すみずみまで丁寧にチェックして落としましょう。パックを落とした後は、普段通りの基礎化粧品で肌を整えます。たった1度ヨーグルトパックを試しただけでも、肌がかなりツルツルになり潤っているのを感じられます。ヨーグルトは余ったら食べても良いですし、次回のパック分のためにとっておくこともできます。コストパフォーマンスも良いうえ、余計な化学成分なども入っていないので安心して使えますね。わたしは週に2回パックをしていますが、心なしか肌のトーンが明るくなっているのを感じます。メリットがたくさんのお手軽ヨーグルトパック、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。