運動せず、食生活も変えずに便秘が解消された方法

女性に多い便秘の悩み。
女性は腹筋が弱いため男性に比べて出す力が弱いと言われています。
今回は、便秘気味の筆者が楽して便秘を解消した方法をご紹介致します。

 

便秘を放置するとどうなる?

 

便秘が解消されないと、

 

  • 膨満感による腹痛
  • 老廃物の蓄積による肌荒れ
  • 代謝の低下による体重増加
  • 体臭や息が臭くなる

 

などなど、多くの悪影響が生じます。
筆者も体験したことがあるのですが、膨満感による腹痛はかなりの激痛です。
身動きが取れないほど痛いので、数日便通がない場合は放っておくと危険です。
また、便秘による肌荒れも中々治らないです。
一度長い便秘をした際に直径1cmくらいのニキビができてしまい、コンシーラーを塗りたくっても消せず外出できないこともありました。
このように、便秘は放置すると体の中も外も危険な状態に晒されてしまいます。

 

一般的な便秘解消法

 

一般的に、便秘解消には
・食生活の改善(食物繊維・乳酸菌を摂る)
・運動
・水分の摂取
・下剤の服用
があります。
上二つを意識して行えるのが理想ですが、仕事や育児で忙しいと中々対策が取れませんよね。
また、便秘解消につながる成分を摂取しても、量が少なかったり体質に合わないと結果が出ないこともあります。
一方、下剤はそれなりの結果が伴いますが、体質によってはかなりの腹痛に襲われるそうです。

 

 

ネットの口コミでも、某有名な便秘薬を服用したらあまりの激痛で救急車を呼んだ…というエピソードがありました。
便秘解消のために体を危険に晒すのは本末転倒ですよね。
このように、「理想的だけど手間がかかる」or「手軽だけどリスクがある」と、一般的な便秘解消法にはメリットとデメリットが存在します。

 

簡単に便秘が解消された方法

 

筆者もオリーブオイルを飲んでみたり、乳酸菌を摂取したりと色々試しましたが、確実に結果が出た方法はありませんでした。
そこで試してみたのが「3Aマグネシア」という錠剤です。
これは便秘の状況や体質によって3〜6錠に調整できるので、腹痛が怖い人は少ない量からチャレンジすることも可能です。

 

 

筆者は便が固いタイプで、出すときに出血することもあったのですが、3Aマグネシアを服用してから2日目には腹痛のないするするっとした排便がありました。
するっと出るときはだいたい下している時なので、腹痛がなかったことに感激しました!
酸化マグネシウムには便を柔らかくする効果があり、それが上手く働いたようです。

 

 

また、3Aマグネシア(酸化マグネシウム)は薬ではなくミネラルなので、その点でも安心です。
デメリットとしては、360錠で定価4000円程度と少々値が張ることが挙げられます。
効果が出るか心配な人は90錠から試してみるといいと思います。

 

まとめ

 

3Aマグネシアは腹痛を伴わずお通じを促してくれます。
ただ便秘の原因も体質も人それぞれなので、様々な方法を継続的に試してみることをおすすめします!