赤ちゃんに起きる肌トラブルはどうやって対処するのがベスト?

大人はいろいろな肌トラブルに悩まされる事がありますが、赤ちゃんも肌に問題が起きる事があります。

 

 

ここでは赤ちゃんの美肌ケアについてそれぞれの症状に合わせて対処法を見ていく事にしましょう。・新生児ニキビはなぜ起きる 生後1か月から2か月のうちに頬を主として、前額、あごにできる面皰、丘疹、膿胞などが症状として出ます。白色している事もあれば肌色をしている時もある小さいブツブツです。

 

 

原因となるのはママからの性ホルモンの影響を受けて皮脂分泌亢進が起き、毛孔部角化を相まって発生する事です。そのまま放っておいても2か月から3カ月もすれば改善していきます。皮脂をたくさん分泌している赤ちゃんの場合なら、皮脂が毛穴に溜まりやすくなり、新生児ニキビを発症する時があります。

 

 

ではどのようにケアをすればいいかですが、毎日のお風呂の際には顔もしっかり洗って肌を清潔にする事です。洗顔する時には赤ちゃん専用の石鹸を使うといいでしょう。・乳児脂漏性湿疹が起きる理由 生後2か月から3か月くらいまでによく発症する症状です。皮脂腺が多くある顔面部分や頭部、耳の周りなどにできやすいです。

 

 

赤く腫れたりジクジクしたものや、かさぶたなどいろいろな発疹ができます。原因となるのは性ホルモンが作用して過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に溜まる事です。原因としては一番多いのがこのパターンです。また、外部からの刺激や汚れにより炎症を引き起こすケースや、赤ちゃんが触ったり引っかいたりする事でもさらに悪くする事もあります。

 

 

ケア方法はバスタイムにはしっかりと肌を洗い清潔に保ちます。かさぶたがへばりついていて取り除きにくい時には、入浴前にベビーオイルやオリーブオイルを使い、患部を拭いておきましょう。そうすると取りやすくなります。またシャンプーやボディソープは刺激が弱いものにして泡立てをしっかりとし優しく洗いましょう。

 

 

 

それから子供が自分の爪で患部を傷付ける事が無いように、爪は丸く切り揃えておく事も大事です。まだ、免疫の弱い赤ちゃんという事もあり、親としては肌荒れでも心配になります。適切なケアをすれば改善するので慌てずに対処しましょう。症状が酷い時には病院に連れていくようにしましょう。。