手の美白ケア!手の紫外線対策を意識してみましょう

顔の美白ケアを行っている方は多いと思いますが、手の美白ケアをしている方はそれほど多くはないのではないでしょうか。手は年齢を感じさせる部位です。意外と人に見られていて、顔のケアをしていても手が黒ずんでいたりシワができていると、老けた印象を与えます。

 

美白といえば美白化粧品を思い浮かべるかもしれませんが、何よりも大切なのは紫外線のダメージを防ぐことです。紫外線を浴びてメラニンが生成されてからケアするよりも、メラニンの生成を抑制する方が簡単です。顔の紫外線ををしていても、手の紫外線をしていないこともあるので意識してみましょう。

 

手の紫外線を防ぐためにおすすめなのが手袋です。日焼け止めで紫外線をしてもよいのですが、手を洗う、汗をかく、ものをつかむなど手をよく使うため、顔に比べて日焼け止めが落ちやすくなっています。いくらSPFの値が高くても日焼け止めが取れたら紫外線カット効果はありません。そのため、手袋がおすすめです。UV対策用の手袋があるので活用してみてはどうでしょうか。

 

食器洗いや家事などで手荒れを起こす方は少なくないですよね。手荒れをしている状態というのは、肌のバリア機能が落ちている状態です。紫外線から守る働きのあるバリア機能が落ちてしまうと、紫外線の影響を強く受けて手のくすみやシミをできやすくします。また、肌の水分が蒸発しやすくなるためカサカサの手になってしまいます。

 

手荒れを防ぐために食器洗いをするときに手袋をすることで手荒れを防ぐことができます。もしくは、合成界面活性剤を使用していない手への負担が少ない石けんを使用しましょう。

 

家事をした後や手を洗った後にはハンドクリームをつけるのが基本です。肌を保護するために保湿成分が配合されているハンドクリームを使用しましょう。保湿成分にはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどがあります。アルガンオイルやシアバターを配合したハンドクリームにも保湿作用があります。アルガンオイルやシアバターは保存料や界面活性剤を使用していないものもあり、こういったものなら肌への負担が少ないです。

 

ピュアメイジング